お疲れ様です。疲れてないけど。

お客様からクレームをいただいてしまいました。

ご契約いただいて家づくりをしているお客様ではなく、
見学会に来ていただいて、零から毎月お便りをお送りさせていただいている方からです。

「家づくりの情報誌と一緒に、憲法九条の勉強会のチラシ、ピースアクションのチラシが同封されていた。
零の設計理念や家づくりは好きだが、家づくりの会社なのに、政治的思想を押し付けるような会社とは付き合えないので、もう送るのはやめてほしい。」

、、、と。

・・・なるほど。貴重なご意見がありがたいです。

ウチの菊地専務が個人的に参加している市民団体からの依頼で、時々入れているチラシとのこと。
他にもビジネスとしても理念としてもおつきあいさせていただいている「あいコープ」さんのチラシもよく同封させていただいています。

内容的には 政治的な思想を押し付けるものではなく、学ぶ・知る機会を提供するような内容ではあるが、
確かに一方の意見を押し付ける内容に受け取られるのは自然なことだと思います。

中には声はあげないけれども、同じ理由で零から離れていった人は今までたくさんいたでしょうし。

ちなみに最近
「薪ストーブはウチは無理なのでゼロで家を建てるのは辞めます。」
という話も知らないところで多いらしいです。

もちろん強制的に薪ストーブをつけているなんてことはないんですが、そういうイメージなんでしょうね。。


このチラシの件について社内でも色々話し合いました。
幹部だけでなく、新入社員から職方さんからみんなで
これからも話し合う必要がありそうです。

もともと
「脱原発」
を宣言している零。

http://www.zerocraft.com/others/590-2011-10-27-10-19-48.html


経営者の先輩方からは
「我々商人は政(まつりごと)に意見しちゃダメだよ」
と、言われて、
「それではこの会社を経営している意味がないです。」
と、たてつくこともよくありました。(笑)


そして社内の幹部の会議では
「これからも続けていくべきではないか」
という意見が多かったです。



・・・・・ですが、私は意外に「控えた方がいい」という少数派でした。

私はよく、脱原発を宣言していることからも、
「赤」とか「左」とか言われることも多いです。

しかし当たり前に、「赤」「左」だと自分のことを思ったことは一度もありません。

憲法九条についても、どちらかに強く傾いているわけでもなく、
「確かに変えるべきだとは思うけど、現在の自民党の改定案には強く反対」
という独自のスタンスです。

もちろん仲間や先輩たちには、改憲派もいるし護憲派もいて、
みなさんとちゃんと意見を交わしながらも信頼関係を持ってお付き合いさせていただいています。

意見の違う人たちが議論を続けていくのが健全な姿だと思っています。

考えがない事、付き合いのために議論を避けることは不健全だと思っています。


そして、その上で、脱原発宣言や脱オール電化宣言に関しては「家づくり」の哲学でもあることなので今後も貫いていきますが、
「憲法」については少し家づくりと遠いことではないか。。

もし、ある方が零での家づくりを通して、健やかな暮らしを手に入れていただく、健やかな社会に近づくことが可能だったのに、
「憲法」についての見解の違いが理由になって、零の家づくりをやめさせてしまうことがあるのなら、
会社の利益や損得だけの話ではなく、お客様や社会の機会損失なのではないか。


・・・・らしくない、、と社内でも言われたし(笑)
このブログを読んでいただいている人からも言われそうです。。


珍しく少し悩んでみようかと思います。



答えは出るだろうか。



答えを答えが出なくても、出さなければならない責任が私にはあります。





おしまい。


小野@零
 

お疲れ様です。
疲れてないけど。

冬ですね。
最高です。


さて、ZEROBACOが少し変わります。

ちょっとオシャレ度が上がりますよ。

お客様に許可をいただき、名前を消してちょっとだけプラン図を。
屋根の形で2種類描いてみました。

ピアノ室があるのがちょっと特殊ですが、
一般的な家ならここが和室になるんですかね。

どこが変わったか、わかりますかね?
BlogPaint

BlogPaint



 わかった人は是非コメントください☆


おしまい。


オノ@ZERO

お疲れ様です。
疲れてないけど。 

オノ@ゼロです。

先日のことだけど、江本常務が「やりたい」と言うことではじまりました。
「即日設計大会」

設計と現場管理の技術系スタッフが参加しました。

まずは決められた課題の土地を見てきて、
マンションリノベで有名な「エコラ」さんが運営する「The 6」のかっこいいスペースをお借りして集合。

いつもと違う場所、クリエイティブな場所なので、気分が上がります。


IMG_0488

今回は初めての試みなので、私から設計の基本的な流れをレクチャーしながら実際の設計にチャレンジしました。 

16593385_1142663275846629_1614869313_o

設計には順序があります。
出来上がったプランを見れば、その順序をちゃんと追っているのか、飛ばしたか、順序が間違っていたのか、一目でわかります。

16523431_1142663272513296_224822139_o


お昼に集合して約四時間半。
みっちり設計を詰めていきます。
16326418_1142663262513297_1186886024_o


日頃設計をバリバリやっている私や常務はすぐに清書まで行きますが、
慣れていない人たちはやっぱり時間がかかります。
16651095_1142663269179963_1605723615_o


それでも時間ギリギリにはなんとか形になってきました。

time is up。
出来上がったプランをみんなで見て、みんなで検討。

IMG_0489

やいのやいの。

 IMG_0490

あーでもない、こーでもない。


IMG_0491
 
その後、懇親会会場に移動してビール☆

ここでまたプランを出して、やいのやいの。

IMG_0492

 あーでもない、こーでもない。


今回面白かったのは、普段設計をしていない現場管理の2年生二人のプランが面白かった。
窓の取り方や基本的な設計がまだまだなので、完成度は低いものの、
太陽や外との繋がりなど基本の空間の気持ち良さの原理原則を理解しながら、
少し我々にはない切り口で描いてきました。(時間切れだったけど(笑))

外部で設計の勉強をしてきた私と江本常務。
その内容を日頃の業務で深め、
零の理念と化学反応させて醸成し、
そして次の世代につなげて行きたいと思っています。

さて、私は何歳で設計を卒業するのでしょうか。

卒業できるのでしょうか。

こうご期待。


おしまい。



オノ@零



お疲れ様です。
疲れてないけど。

水曜日で定休日ですが、新幹線で青森に向かう新幹線の中でブログを書いています。

青森は零のスーパーお姉さん、技術部リーダーの福井さんの地元です。
共に零の経営理念をつくった同志です。


実は家族の事情で、青森に帰ることになりました。

一級建築士も持っているし、仕事もすごくできる。
人間的にも愛情と厳しさを両方持っていて、素晴らしく人徳もある。

本当に素晴らしい人なので、青森の会社に就職したり、
あるいは独立して事務所を立ち上げることも全く問題ない力を持っている人ですが、
色々話し合った結果、

『建築工房零 青森支店』

としてやりたい、といってくださいました。

みなさんご存知の通り、青森は原発県。
原発マネーが行き渡り、脱オール電化なんてかなり難しいと言われます。
脱原発を掲げる零の完全なるアウェーです。

でも、だからこそ、青森で零の理念を広める意味がある、と。
そんな青森だからこそ、強く共感してくれる人が必ずいるはずだ、と。

涙が出るほど嬉しいです。

ちなみに零の理念です。
http://www.zerocraft.com/company/425-2010-07-27-04-14-02.html
*現在「私たちは守りたい」→「私たちはつなぎたい」に改定してますが、HPはまだ訂正されていません。。。汗


また、仙台は東北六県から若者が集まる場所。
零にも東北六県からたくさんの若者が頑張っています。

大切なそれぞれの地域の若者を奪っている、という罪悪感もありますし、
地元に戻って頑張りたい、というスタッフも多いです。

菊地専務はこのチャレンジを

「地元にスタッフを戻すことで会社に人財を残す」

という言葉で表現しています。

この青森チャレンジがそれぞれの地域に零の理念を発信していくきっかけとなればまた嬉しいです。

 
ですが、大きなチャレンジです。
当たり前にかなり厳しいチャレンジです。
武者震いです。
でも、楽しんでいきます。

青森プロジェクトの概要(13期経営指針書の抜粋です。)
38



昨年、零の中堅社員さん2人が卒業し、その後に卒業した一人が合流して新しい住宅会社を立ち上げました。
もしかして彼らは零の理念に共感できなかったのかもしれません。

しかし、例えば

「国産木材は使わないかもしれないけど、無垢材は使う」

とか、
100%ではないにしても、一部でも零の理念を引き継いでくれていると期待はしています。

そんな零の理念の発信もあるのかもしれません。

今、広島の先輩工務店の息子さんを修行でお預かりしています。
これも零としては理念の発信の一つと捉えています。

あるいは、

「零が仙台で成功しているから、零の理念を地元で少し真似してみよう」

と、思ってもらえることができるとしたら、これもまた理念の実践なのかもしれません。

そんな存在になれるように頑張ります。

写真は新幹線からの田園風景。
北に向かえば向かうほど雪が多くなります。
IMG_0460



今日は書き方のトーンが真面目すぎて疲れました。。笑

小野@零

 

お疲れ様です。
疲れてないけど。

小野@零です。
ここまでずーっと暖かかったのに、どんと祭前になって大寒波@仙台です。
怖い。。



一昨日のことですけど、新人さんたち二人(といっても去年の新人さん、つまり2年生。。)が、
新人教育プログラムの最終「プラン」を描いてきました。
(だいぶ期限を過ぎちゃったけど。。。涙)

IMG_0241


零では社長の私のプランも江本常務のプランも技術系全員の前でプレゼンをします。
これを社内では社内プレゼン、訳して「シャプレ」と呼んでいます。

そこを通らないとお客様の前に出せません。
つまり日の目を見ません。
 

おとといは「シャプレ」の時間に、技術系全員が厳しい目で見守る中、
二人が頑張ってプレゼンしてくれました。

太陽の動き、動線、空間のつながり、構造的な力の伝わり方、などなど、、、、
IMG_0240


こういったプレゼンって、みんな最初は奇を衒うエキセントリックな設計をしてきたりするもんですが、
習字で言えば、楷書もろくに書けないのに草書をチャレンジするようなもんです。
基本、原理原則はすごく大事。

今回二人はきちんと原理原則を守っていいプランを描いてきました。

素晴らしかったのは、その過程。
毎日仕事が終わった後や早朝に先輩たちを捕まえて、食いつくように質問をしまくり、プランを見てもらい、アドバイスを勝ち取っていたようです。

このプロセスも大切なんですよね。
わからなかったらわかる人に聞く。その能力も技術者にとって大事な能力。 

散々期限を延長したくせに、描いて見たらすごく楽しかったようです。

「終わって見てどう?」

。。と聞いたら

「まだまだ描きたいですっ!!!」

と。

若い二人に期待です。

IMG_0242


・・・一人は広島の工務店の息子。零で修行中。
返さなきゃいけないんだった。。。。。笑




おしまい

小野@零

 

このページのトップヘ